腰痛とMRI
第5腰椎/仙椎(L5/S)の椎間板ヘルニア
L5/Sの左側に軟骨の突出(ヘルニア)
正常椎間板の断面像
 腰痛を訴える患者さんの中で、下肢症状のない場合は単なる筋肉痛(ぎっくり腰)のことが多いようです。腰痛の原因にはその他に椎間板ヘルニア、脊椎分離症(脊椎の一部が欠けている病気)、脊椎すべり症(脊椎がずれている病気)骨粗鬆症(骨がもろい病気)、骨折、炎症、腫瘍などがあります。一般的に腰痛に下肢の痛みやしびれ、筋力の低下を有する場合を坐骨神経痛といいます。
 坐骨神経痛の原因は脊椎の中を通る脊髄やその枝の神経根の障害により生じます。脊髄は大切な神経なので脊椎という骨に守られていますが、脊椎・椎間板障害などにより神経に骨や軟骨が触れると神経痛が生じます。MRI(磁気共鳴イメージング)装置は、レントゲンに映らない脊髄や軟骨の病変を直接調べることが出来ます。

 写真は腰椎椎間板ヘルニア症例のものです。第5腰椎と仙椎の間に椎間板という軟骨が飛び出して、神経に触っています。椎間板はあんの入ったおやきのようなもので、正常ではできたてのおやきのように弾力がありますが、ヘルニアではおやきをつぶして中のあんが膨隆してもとにもどらないような状態になります。
 当院での坐骨神経痛の治療は保存的のみで手術は行っていません。入院安静・ベッド上腰椎牽引、理学療法などを行い、症状の改善が思わしくない場合、または改善して退院したが再発を繰り返すような場合に、脊椎手術の上手なDrを紹介しています。

不顕性骨折(レントゲン写真で診断がつかなく、
MRIで診断のつく骨折)
右手首の腫脹
レントゲン写真上異常を認めない
MRIでは橈骨遠位端に骨折を認める
 レントゲン写真では明らかな骨折が認められないのに、患部の痛みや腫れが遷延化することがあります。整形外科では一般的に症状の改善が見られない場合には2週間後に再度レントゲン写真を撮ることが必要となります。しかし、それでも異常が認められないこともあります。このような場合にMRIで検査をしてみると、骨内の異常像を見つけることが出来ます。

 写真は右橈骨遠位端(手首)骨折の方で、閉経以降の女性に多く、骨粗鬆症の患者さんに生じる骨折の一つです。

膝の外傷
大腿骨内顆骨折と外側半月板断裂(上:T1強調像、下:T2強調像)
 膝関節は外傷の受けやすい関節です。そして、膝関節を構成する組織は骨・関節軟骨、半月板(内・外)、靱帯(前・後十字靱帯、内・外側側副靱帯)、滑膜ヒダ、筋肉などから構成されています。膝の外傷で、レントゲン写真で明らかな骨折が認められることがあります。しかし、レントゲン写真で見つけることの出来ない不顕性骨折のほかに、様々な病態を発見するのにMRIは威力を発揮します。

 写真は大腿骨内顆骨折と外側半月板損傷を有する症例です。

脳・脳血管の異常
両側内頚動脈狭窄の術前MRA(上)、術後(下)右の椎骨動脈にも高度の狭窄を認める
 MRIは進歩をつづけており、血管も造影剤を使用することなく映し出されるようになりました。そのため、無侵襲で検査を出来ることから、脳ドックは簡単に行われるようになりました。脳ドックについては別の項をごらんになって下さい。

 写真は両側内頚動脈狭窄症の症例で、他医にて手術を受け、血行が回復した症例です。右の椎骨動脈の狭窄については無処置です。

首の痛みと手のシビレ
第2/3頚椎椎間板ヘルニア側面像
第2/3頚椎椎間板ヘルニア断面像(中央から右側への隆起)
頚椎椎間板の正常断面像
 手のしびれる原因は整形外科領域では頚椎から手にいく経路のどこかに病変があります。そのうち、手部に限局する場合は、そのシビレのある部位から
(1) てのひら側で親指から薬指の半分までのシビレを生じる手根管症候群では同時に母指の付け根の母指球筋という筋肉が萎縮してつまみ動作が困難となります。また手首の掌側中央部を指で叩くとシビレる部位に放散痛が生じます。てのひら側で薬指と小指のシビレが生じる肘部管症候群では、指の間にある骨間筋という筋肉が萎縮します。とくに母指と示指の間で手の甲側にある筋肉の萎縮が著明になるとつまみ動作が困難になります。肘の内側の骨の後ろ側に尺骨神経が通っており、同部を指で叩くとシビレる部位に放散痛が生じます。ての甲側のシビレは橈骨神経麻痺といい、よく腕枕で子供を寝かせたときに起こることが多く、手首や指を伸展する筋肉が麻痺するため、手が背屈出来なくなります。
(2) 以上の病気を考慮に入れて、手部のシビレが肩や上肢にもある場合は頚椎での病気の可能性が大きくなります。また、頚部の姿勢により症状が悪化することもよく認められます。この場合は、まずレントゲン写真を撮って骨の異常を診断し、さらにMRIで骨以外の椎間板、脊髄、神経根などの状況を把握することが予後を予想するためには必要になります。(頚椎椎間板ヘルニア)